歯医者で行う歯石取り

毎日歯磨きを行っていても、歯石がついてしまいます。



歯石が付くことで菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病の原因となるため、歯医者で定期的に歯石取りを受けるようにしましょう。



歯医者に予約を行うことで、歯石取りの施術を受けることが出来ます。

このケアを受けておくことで、口内に菌が繁殖する心配もなくなり、虫歯を防止できるようになるのです。



とくに、虫歯ができやすい方は、虫歯ができてしまってから治療を受けることで、歯や歯茎に大きな負担をかけてしまう心配があります。



一度歯を削れば、歯自体の強度が失われてしまい健康的に保つことが困難になってしまう為、歯石取りを行い虫歯ができにくい環境に整えておくとよいでしょう。



歯石取りを行う時には、専用の機器を使って歯の表面についている歯石を取り除いていくことになります。この時、歯茎の状態についてもチェックを行っていくため、歯周病になっていないか確認を行うことも可能です。歯周病は、進行してしまうことで、抜歯の可能性も出てくるのですが、歯医者の歯石取りを行った時に、歯周病についての検査も同時に受けることで、症状が出ていないか確認できるようになってきます。



中年以降になると、歯周病になるリスクが上がってきますので、普段から歯石取りの施術を受けておくとよいでしょう。

かかりつけの歯医者に予約を行うことで、希望する日時に通うこともできるため、忙しい方でも施術を受けやすくなります。

関連リンク

  • 毎日歯磨きを行っていても、歯石がついてしまいます。歯石が付くことで菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病の原因となるため、歯医者で定期的に歯石取りを受けるようにしましょう。...

  • 歯医者選びは迷うものです。行ったことのない歯科医院はどういった先生、雰囲気、設備なのかわからないので、人から聞いたり、ネットで口コミをみて判断するしかありません。...