歯医者にとって、歯科恐怖症は日常茶飯事です。

歯を削る音、消毒の匂い、嘔吐反射があるなど、歯科恐怖症の理由は多くあります。

医学が進歩した現代でも、虫歯になったら歯科へ行って治療するほか術はありません。
歯科恐怖症は特別な症状ではありません。

人間には防衛反応があり、怖いものから逃れようとするのは動物の本能で、このことは、歯医者さんも理解していて、無理に治療を進めようとはしません。

現在、歯科院は過剰状態で、どこも患者本位のサービスを行っています。


歯医者さんも先生と呼ばれますが、他の医師のように、踏ん反り返っているような方は少ないです。ネット社会の今日、そのような歯医者がいれば、一瞬に悪い噂が流れ、経営が成り立たなくなります。

歯科医院の中には、無痛治療、心療歯科、障害者歯科などを掲げ、歯科恐怖症の方にも不安なく治療ができるように取り組んでいます。


歯科恐怖症の有効な治療法に、酸素に笑気(亜酸化窒素)を混ぜて鼻から吸い込む笑気吸入鎮静法と、鎮痛薬や向精神薬を静脈に直接注入する静脈内鎮静法があります笑気吸入鎮静法は、安全性が高く、気分が楽になり、痛みや緊張、恐怖などを感じにくくなる作用があります。



治療後は自分で自動車を運転して帰れるほど回復が早いです。



静脈内鎮静法は、笑気吸入鎮静法より、リラックス効果や健忘効果が強く、治療中に起こったことを覚えていないことが多いです。


笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法は、どこの歯科医院でも対応しているものではないので、事前にネットや直接電話して確認する必要があります。

近年、精神疾患の方が多く、診察台に来ても、怖くて治療を断念する方もいます。



歯医者さんと信頼関係を築き、歯科院の雰囲気に徐々に慣れれば、いずれ歯科恐怖症は克服できます。



まずは、勇気を持って一度、歯科院へ行ってみましょう。



ダメなら、他の歯科医院へ行けばいいのです。歯科院はいくらでも選べる時代ですから。



関連リンク

  • 毎日歯磨きを行っていても、歯石がついてしまいます。歯石が付くことで菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病の原因となるため、歯医者で定期的に歯石取りを受けるようにしましょう。...

  • 歯を削る音、消毒の匂い、嘔吐反射があるなど、歯科恐怖症の理由は多くあります。医学が進歩した現代でも、虫歯になったら歯科へ行って治療するほか術はありません。...